ユニバーサルデザイン浴衣で嬉野温泉を楽しもう!

ユニバーサルデザインという言葉をご存知の方は
多いかと思いますが、実際のところ身近で「これだ!」
と気付いて意識することはあまりないかもしれませね。

ユニバーサルデザインというのはもともとバリアフリーとは違い
障害者だったロナルド・メイス氏が、バリアフリー対応設備の
「障害者だけの特別扱い」に嫌気がさして、
「それならば多くの方に使いやすいものを作ればよい」と考案された
設計手法です。
つまり障害のある方だけではなく、すべての人に対して良いもの
便利なものをどんどん推奨していこう、というものです。

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターでは沢山の方に
嬉野温泉を浴衣で楽しんでいただきたいという思いから
ユニバーサルデザインの浴衣を販売しています。
「え?ユニバーサルデザインの浴衣ってなに?」
と思われることも多いと思います。

これは嬉野の旅館の女将さん方や日本舞踊の先生、
また裁縫の先生、車いすユーザー等のご意見を参考に開発された
ものでして、二部式(上下に分かれている)です。
普通の人でも簡単に着られる「かんたん浴衣」と車いすの方が
座ったままでも着られる「車いす利用者浴衣」という二種類あります。
「かんたん浴衣」の方では普通の方で着物が苦手な方、
浴衣を着たいけれど一人では着られないという方にとても好評です。
また「車いす利用者浴衣」に関しては、何より健常者が着たイメージを
そのままで座ったままでも着崩れせず、着心地良く出来ています。
つまりこれは、ユニバーサルデザインの本領発揮とも言える
商品なんですね。

手軽に着物を楽しめる、という点でこの二種類はとても好評で、
「この浴衣なら簡単に着ることができる。浴衣で友達や親子で花火に行きたい。」
というお言葉をたくさんいただいています。

またこれら浴衣については、新しいものを購入ももちろんですが
お手持ちの浴衣をリフォームすることも出来るんですよ。
ぜひご相談くださいませ♪

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターではユニバーサルデザイン浴衣で
多くの皆様が嬉野温泉を散策してくださることを楽しみにしております。